HOME > ブログ > 1軒の家での建物の様式スタイルは問わない。

BLOG

2021.12.07更新

1軒の家での建物の様式スタイルは問わない。

家のデザインをお客様ごとに決めているのですが。和なのか洋なのか、と決めているわけでなありません。趣向を察知してから、素材の持つイメージを重ねながら、大きなイメージを決めていきます。屋根勾配やボリューム、軒の出などの要素が外観には影響します。軒の線の細さで和の繊細な感じを提案し、骨太な洋というイメージでしょうか。

内部インテリアは、さらにいろいろです。和でも洋でも、モダンでもクラシックでもと。

今年竣工の物件を例にとります。
骨太のトラスフレームが力強い高天井のリビングダイニング。その床はコンクリートでモダンに(床暖房必須)。板張りの床も色のトーンを落としてモダンに仕立てあげてます。カーテンは壁のごとく大きなものにしスッキリとさせています。

しかし、この家の玄関はド和風というか、かなりの和です。床はい草タタミ、土間は黒い砂利の洗い出し、壁は寿楽塗。

白木の格子戸から一歩はいると、白基調のグレーッシュなトーンのリビングとなっています。

こういうふうに、バラバラに見える要素がうまく組み合わさっているのは、素材や光沢、色温度など緻密に計算された設計が作用してできあがっているのです。

最近の投稿

月別一覧

Copyright© AD HOUSE CO.,LTD.

資料請求はこちら