照明と明るさ

なかなか良さそうな本がありました。
「照明で暮らしが変わるあかりの魔法」 村角 千亜希 (著)
少し不思議なタイトルですが内容は暮らしのなかで灯りを楽しむというものです。
照明器具の選び方や照明の置く位置など丁寧だけど簡潔に書かれています。
照明の大きさも書いてあって参考にできます。照明って今まで考えたことないけれど・・・という入門書にいかがでしょうか?
123

夜中に起きた時にシーリングで目を覚まさない照明・・・なんていうのはエイディーハウス通信でも取り上げていた内容だったなぁと。
エイディーハウスのほうが詳しい内容ですが、この本もさっくり読める内容でとてもいいなと思いました。
通信は4号に渡って詳しくかいています。
・ADハウス通信 2011年10月・11月号「ホントはどうなの?LED(1)」
・ADハウス通信 2011年12月・2012年1月号「ホントはどうなの?LED(2)」
・ADハウス通信 2012年2・3月号「ホントはどうなの?LED(3)」
・ADハウス通信 2012年4・5月号「ホントはどうなの?LED(4)」

政府もLED推進し、白熱電球の生産規制などをめざしているそうです。メーカーも生産中止した物も少なくありませんのでLEDについてきちんと知っておきましょう。
子供の勉強部屋などの照明は暮らしの明かりとは少し考え方が変わってきます。
子供の目のメカニズムは「調整力が高い」ことです。
子供は大人と違い、目の筋肉が柔らかいので
たとえ目が悪くても”よく見えるように筋肉などを調節して見ようとしている”事が日常的です。
なので目が悪いと気がつかずに目を酷使しています。
目に優しい環境は子供一人ひとりに合わせることが必要です。小学校に上がって漢字の書き取りで「しんどい!頭がいたいー」と途中で投げ出すならば一度眼科に行くほうがいいです。(経験談)
目を近づけて本を読む、小さな画面でゲームをする、暗い部屋にいることが必ずしも目が悪くなる要因ではありません。眼科では小さな画面でゲームを毎日1時間させてくださいというトレーニングもあります。日々医療は発展してるそうですので住環境も昔とは考え方が変わってきますね。
子供部屋は「勉強する環境」なので明るくしすぎても暗くしすぎてもダメだと思います。
細かいところがよく見える照明か、手元が影にならない照明か等を考える必要があります。
手元が影にならないようにするためには部屋をある程度明るくしておくのがコツだそうです。
できるなら子供がリラックスできる照明で勉強がはかどるような照明設計・・・・が理想ですね!(あるんでしょうか?!私が知りたい!笑)
就寝前の照明は暗いオレンジ色の光にするのが安眠のコツがあったり・・・
体がリラックスする照明は・・・・などなど
照明の世界はますます奥が深かまります。
あれこれ考えすぎても迷ったり、疲れるので、
「あかりを楽しむ」
まずは、そんな事を教えてくれるこの本を一度読まれてみてはいかがでしょうか?

姫路市、たつの市の注文住宅、新築一戸建て、リノベーションのことならAD HOUSEへ

デザイン住宅から断熱リフォーム・リノベーション、オーダキッチンなどをご検討の方 は、高品質な自然素材の木の家をこだわりの設計からデザイン・施工・アフターサービスまでワンストップで提供するAD HOUSEにお任せください。
家づくりに関する疑問・質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

>

ご質問・見学会申込みなどお気軽にお問い合わせください

0120-63-4332
受付時間:9:00~17:30

〒 679-4129 兵庫県たつの市龍野町堂本241-1 [google map]
【定休日】:水曜


【施工対応エリア】
兵庫県、たつの市、相生市、赤穂市、赤穂郡、宍粟市、姫路市、高砂市、加古川市、福崎町、神河町、 太子町
佐用町、三木市、小野市、加西市、明石市、神戸市、西宮市、伊丹市、芦屋市、尼崎市