コロナの飛沫と換気の関係は本当はどうなの?

コロナ対策の一環として理化学研究所が世界最高速のスーパーコンピューター「富岳」を使って飛沫の飛び方を計算しました。
食事中のようにマスク無しでテーブルに4人座って会話している場面です。
向かい合う人よりも隣にいる人のほうが飛沫を5倍多く浴び、斜め前の人は1/4しか浴びない、等の解説がある中で、室内湿度と感染リスクの関係が示されています。
例えば、1.8m離れて向かい合ったとき、湿度30%の時は飛沫の水分が蒸発して微小化するため、湿度60%時に比べ2倍以上の飛沫を浴びるとされ、

研究者は「部屋の湿度は70%が良く、換気もしっかりすべし」と。
でもこれは間違いです。
冬に換気をすればするほど、乾燥した外気が室内に流入し部屋は猛乾燥。
例えば7℃湿度65%の外気が部屋で20℃に暖房されると湿度は27%程になります。
いくら加湿しても換気をすれば湿度はどんどん逃げてゆきます。

換気は止めて加湿したらどうでしょう。
湿度が上がり大喜びするのはダニです。
私の孫は2歳の時、換気の悪いマンション暮らしで、ダニによる小児喘息一歩手前でした。
家の中で飛沫を飛ばすのは家族ですからコロナがあればとっくに貰っています。
WHOが推奨する湿度は30%以上。パリの美女もお肌パサパサにはなっていません。
所定の換気量を確保して24時間換気をするのが冬の健康生活の要です。

姫路市、たつの市、注文住宅、新築一戸建て、リノベーションのことならAD HOUSEへ

デザイン住宅から断熱リフォーム・リノベーション、オーダキッチンなどをご検討の方 は、高品質な自然素材の木の家をこだわりの設計からデザイン・施工・アフターサービスまでワンストップで提供するAD HOUSEにお任せください。
家づくりに関する疑問・質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

>

ご質問・見学会申込みなどお気軽にお問い合わせください

0120-63-4332
受付時間:9:00~17:30

〒 679-4129 兵庫県たつの市龍野町堂本241-1 [google map]
【定休日】:水曜


【施工対応エリア】
兵庫県、たつの市、相生市、赤穂市、赤穂郡、宍粟市、姫路市、高砂市、加古川市、
福崎町、神河町、太子町、佐用町、三木市、小野市、加西市、明石市、神戸市