音をとめる技術2。内部音を調整する。ことについて徹底的に考える。

建物内部の音について(トイレ編)

前回は、外部からの音、についてお話しました。今回は、内部で発生する音をどうするかについて話します。

結構退屈なお話ですが、我々がこういうところに力を入れていることを知っていただきたいと思います。

内部で発生する音をあげてみると

楽器音、洗濯機、食洗機、ドライヤー、TVオーディオ、話し声、足音、換気扇、エアコン、シャワー、トイレ音などが考えられます。

どこまで聞こえてよいか、気になる音かどうかは、人それぞれなんですが。私達が設計で考えていることは、お客様から特別音に対する指定がない場合

まずは、トイレ対策編

AD HOUSEでは、トイレの壁は隣にある部屋の状況により強化の度合いが異なりはしますが。基本気にならないくらいにはしていきます。

トイレで一番音漏れするのは、内部の建具ドア引き戸の隙間です。ここを閉じなくてはいけません。

既製品を使わないために、オーダー住宅では自分達できっちり納まりの検討が必須になります。これがやればやるほど難易度が高いですが、何もしないと既製品に劣ってしまい、ただデザインのよい戸だけになってしまう。

吊戸が主なので、通常だと戸の上下がどちらも1センチ近く隙間が空いている。ここから音がダダ漏れします。

これを防ぐべく、吊戸では、まず吊戸の上をふさぐような細かな対策をします。それから戸先側の縦を数ミリ縦枠も彫り込まれた溝に入れるように、キッチリ噛むような形状にします。これで半分くらい隙間が埋まります。その上で、戸と壁の数ミリ隙間をパッキンなどで埋めます。最後に戸の下についても、場所によりパッキンを入れます。間取りから大丈夫という場合は入れません。まずは、隙間を埋める、これをやった上で、扉自体を重くつくり音を止めます。

トイレ周囲の壁は、他の部屋と天井ではつながらないように、2Fの床下地まで壁を立ちあげて区画をします。

壁については、まずは遮音で強化ボード(質量が大きい)ものを増しばりして遮音、そして壁の内部には吸音材を入れ壁内部に侵入してしまった音を半減させます。

天井は、吸音に徹します。穴あきボードの上に吸音材をしっかりと入れています。吸音と遮音、まずは吸音で音エネルギーを減衰させて遮音で隣に音がもれないようにする考えです。

それから盲点ですが、常時換気扇を第三種設定にしている場合、リビングなどの空気をトイレから排気と考えている設計が多い。それでは、トイレの戸周囲に隙間がないと換気にならない。ということは、その隙間から音がダダ漏れ。これではダメで。弊社では、トイレは常時換気から外して、トイレは同時給排換気扇にして、トイレ単独で外から空気を吸って吐きだしてと考えています。だからトイレの戸を密封してもトイレ自体の換気も十分できます。

この標準仕様を施すことで、ほぼトイレ音は解消し、安心して使えるトイレの出来上がりです。

姫路市、たつの市の注文住宅、新築一戸建て、リノベーションのことならAD HOUSEへ

デザイン住宅から断熱リフォーム・リノベーション、オーダキッチンなどをご検討の方 は、高品質な自然素材の木の家をこだわりの設計からデザイン・施工・アフターサービスまでワンストップで提供するAD HOUSEにお任せください。
家づくりに関する疑問・質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

>

ご質問・見学会申込みなどお気軽にお問い合わせください

0120-63-4332
受付時間:9:00~17:30

〒 679-4129 兵庫県たつの市龍野町堂本241-1 [google map]
【定休日】:水曜


【施工対応エリア】
兵庫県、たつの市、相生市、赤穂市、赤穂郡、宍粟市、姫路市、高砂市、加古川市、福崎町、神河町、 太子町
佐用町、三木市、小野市、加西市、明石市、神戸市、西宮市、伊丹市、芦屋市、尼崎市