性能の先の快適さを考えるー住み心地のよさー

先日、大阪にて「性能の先の快適さを考えるー住み心地のよさー」という講演を受けてきました。
温熱環境・省エネルギーを踏まえたパッシブデザインの指導で知られる野池さんと建築家の伊礼さんによる講演です。

一言に快適と言っても様々な意味があります。今回の講演では、野池さんは温熱と光、伊礼さんは開口部にスポットを当ててお話しいただきました。
よく断熱・断熱性能という言葉を私たちも使っていますが、わかりにくい言葉のようで、家の断熱性能というのは「保温性能」という言葉に置き換えるとグッとわかりやすくなります。
如何に保温性能を高めて、熱のロスの少ない環境を作り上げられるか。
また、パッシブデザインでは設備による快適さではなく建物自体でいかに快適さを作り出せるかということを考えるので、日射の取得(冬)や遮断(夏)を建築的操作、つまりデザインでどのように対応していくかという点でのお話でした。
基本的にはやはり冬場暖かい家というものを基準に考えていき、窓については、冬の日射を出来るだけ内部に取り込めるような工夫が必要であると。
当社も実施している、南面の窓を日射取得型のLow-eペアガラスにするということ。
太陽の天然の暖かさは、できるだけ取り込んで暖かい家にする。
夏場は逆に取り込みたくないので、庇をつけるかブラインドなどで遮断する必要もあります。
ブラインドについては、内部側に設けるよりも外部側に設けるほうが3倍ほど効率よくなります。 見た目の問題もありますが、昔ながらの葭簀はかなり理にかなったものなのです。

南からの日射を最大限活用するために、建物はできるだけ南に向けるほうが良い。
道路に平行にするのではなく、太陽に向かって家を造るわけです。

伊礼さんの講演では、開口部がメインです。
「外部をどれだけ取り込めるか」、「遠くが見えるところに開口を設ける」、「開口部近傍に心地よさは宿る」など、
伊礼さんの開口部に対する考え方などを基にした実例でのお話でした。
周辺環境を考慮した、開口部の設け方。みたい景色があるのか、視線を遮りたいのか・・・
自然の風の通りも考えて、外構も含めて開口部を計画しています。

姫路市、たつの市の注文住宅、新築一戸建て、リノベーションのことならAD HOUSEへ

デザイン住宅から断熱リフォーム・リノベーション、オーダキッチンなどをご検討の方 は、高品質な自然素材の木の家をこだわりの設計からデザイン・施工・アフターサービスまでワンストップで提供するAD HOUSEにお任せください。
家づくりに関する疑問・質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

>

ご質問・見学会申込みなどお気軽にお問い合わせください

0120-63-4332
受付時間:9:00~17:30

〒 679-4129 兵庫県たつの市龍野町堂本241-1 [google map]
【定休日】:水曜


【施工対応エリア】
兵庫県、たつの市、相生市、赤穂市、赤穂郡、宍粟市、姫路市、高砂市、加古川市、福崎町、神河町、 太子町
佐用町、三木市、小野市、加西市、明石市、神戸市、西宮市、伊丹市、芦屋市、尼崎市