国際基準?天井高

六本木の国際基準マンション?が階高を高くとることで、天井高が2.75mになっているという記事があった。
記事によると最高の天井高のところでとあるので、おそらくリビングの織り上げ天井のトップをいうのであろう。
2.75mというのは確かに住居では高いと感じるであろう。
吹き抜けのない戸建て住宅では、この高さはLDKが連続する大きな空間ではほしい。
天井高は5センチかわっただけでも随分とゆとりが違うものなのです。
一般的な天井高2.4m。そこから2.5mを超え2.55mあたりになってからゆとりを感じます。2.6m超えからは高いと感じ、間接照明が映えてきます。2.7.2.8mといくにしたがって、どんどんと広く感じ3mあたりになると、ゴルフの素振りが思い切りでき、吹き抜けがなくとも十分なものになってきます。
お客様とプランの検討する際は、どうしても平面の良し悪ししかイメージしか伝わっておりません。我々はそこに見えてこない高さ空間のボリュームをイメージして提案しておるのですが、いまいち感覚が伝わりにくいようです。このあたりはなにかよい提案方法を考えていかないと思っています。できあがった完成建物をみると、あ、こういうことかとわかっていただけるのですが。
また同じ20帖のLDKがあっても天井高2.4mと3.0mでは広さの感覚が1.5倍以上は違ってきます。何帖だから広い狭いというのは全くナンセンスであるのです。
空間の大きさによってゆったり高くしたり、ぐっと低く落ち着かせたりと戸建て住宅ではいろんな空間を自由に作れる点でとてもメリットです。天井が高いだけが良いわけでありません。高い天井はそれに見合う建具も2.5mにするなどバランスも考えていかないといけませんし、材料も増えるし全体コストもあがります。ダウンラウトの効果も半減するのでパワーのあるライトも必要になります。また2Fまで段数も増え遠く感じます。
しかし、高い天井はそれを超える魅力があるといえます。
弊社社屋は木造で吹き抜けはありませんが2.95mの天井高がありとてもゆったり感があります。ですので私が座ってるところ、
2016-11-06-16-25-28
この写真みたいに大きな枝も映えます(^^)。
AD-HOUSEのリビング天井高は、国際基準?の2.75mなどでけちなものでなく、欧米の高級マンションなみの3m超えにしたいと思っています。

姫路市、たつの市の注文住宅、新築一戸建て、リノベーションのことならAD HOUSEへ

デザイン住宅から断熱リフォーム・リノベーション、オーダキッチンなどをご検討の方 は、高品質な自然素材の木の家をこだわりの設計からデザイン・施工・アフターサービスまでワンストップで提供するAD HOUSEにお任せください。
家づくりに関する疑問・質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

>

ご質問・見学会申込みなどお気軽にお問い合わせください

0120-63-4332
受付時間:9:00~17:30

〒 679-4129 兵庫県たつの市龍野町堂本241-1 [google map]
【定休日】:水曜


【施工対応エリア】
兵庫県、たつの市、相生市、赤穂市、赤穂郡、宍粟市、姫路市、高砂市、加古川市、福崎町、神河町、 太子町
佐用町、三木市、小野市、加西市、明石市、神戸市、西宮市、伊丹市、芦屋市、尼崎市