テレワークを快適にするステイホームリノベーション

テレワークを快適にするステイホームリノベーション

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、自宅でテレワークしている人が増えています。快適な人もいれば不便を感じている人も。そこでリノベーションを考えましょう。

まずは、テレワークを体験した112人に行ったアンケート調査を見てみましょう。

調査対象:20~59歳の家族を含む同居人のいる働く男女
有効回答数:112名
調査実施日:2020年4月23日、24日

 

約3割が「ワークスペース」を持っている

テレワーク調査
どこで仕事をしているかを聞いたところ、最も多かったのは「ローテーブル」で、次いで「ダイニングテーブル」と「ソファ」でした。また、ワークスペースがなくて苦労していると思いきや、「個室のワークスペース」が27.7%と意外にも多い結果に。
個室のある人は個室、ない人はリビングやダイニングで仕事をしているようです。

テレワーク
テレワークをしてみて困ったことは?

自宅で仕事をする場所や設備などで困ったことで最も多かったのは「家族の声や生活音などの音が気になる」(43.4%)
次いで「テーブルや椅子のサイズが作業に適していない」(42.9%)
「仕事以外のことが目に入り気になる」(38.4%)

Q テレワークで実際に仕事をする時に困ったことは何ですか?

生活音や家族の声などで気が散る


家族の姿や声が目や耳に入って集中できないようです。
小さなお子さんがいるご家庭では、パパとママが交代でお子さんの面倒をみているとか。
いつも以上に家事効率を上げないと仕事にならない人も多いようです。
家事動線のいいキッチンがほしいと思った人もいるかもしれません。
テレワーク

テレワーク
オフィスの椅子と机には敵わない

在宅にワークスペースがない人にとってデスクとチェアの問題は大きいでしょう。
長時間座っていることや背もたれがない椅子に座ること自体、体に良くないと言われています。
オフィス設備は作業に適した設計がされていますが、ご自宅ではそうもいきません。
疲れたり集中力が途切れたりする人も多いはず。

テレビ会議、電話会議で困ったことは?

テレワーク調査
テレワークでテレビ会議、電話会議をおこなった人は78.4%と多い結果となりました。今回の外出自粛にともなうテレワークで初めて経験した人もいるようです。
ビデオ会議ツールに不慣れな人は、電話をする機会も増えたかもしれません。
テレビ会議や電話会議で困ったことを聞いてみました。

Q テレワーク中にテレビ会議または電話会議を行うことはありますか?


意外と困った「テレビ会議」の背景問題

最も多かったのは「家の中が見られるのが気になる」(25.0%)でした。
テレビ会議ならではの背景問題ですね。
部屋が散らかっている、あまりに殺風景、壁に子供の落書きが・‥。
背景を替えられるコミュニケーションツールを利用する人も増えているそうです。
理想は、どこから映しても背景映えする部屋ですが、そうもいかないですよね。

Q テレビ会議・電話会議で具体的に困ったことは?

テレワーク調査
テレワークで重要なのは「集中力」を保つ工夫

テレワークで工夫した点を聞いたところ、「イヤホンなどを活用して音が聞こえないようにした」(33%)
次いで「場所を変えながら仕事をした」(28.6%)
こうなったら、目と耳をふさぐしかありませんよね。
テレビ会議でイヤホンを使用したり、パーテーションやロールカーテンで仕切ったり。
中には「小さなスペースを見つけて臨時個室として使用した」(17.9%)という、おこもり派の人もいます。

テレワークで「集中力」を高めるコツ

困りごとの多くは集中できないことに関連しているようです。
そこで、どうしたら集中できるのか?
まずは今できる環境の工夫から。
今の自宅でもできる工夫を紹介します。

ご自宅でもできる、集中のための環境づくり

テレワーク
住宅の照明はオフィス環境とくらべて暗いので、専用の照明や集中しやすい照明温度が大切です。
蛍光灯やLEDの「昼白色」を選ぶことをおすすめします。
また、広すぎる個室や窓に向かって座るよりも、少し狭い空間で壁に向かう方が集中しやすいです。

ただ、お子様から目を離せないご家族もいると思いますので、その場合は個室でも室内窓(写真上)を設けるなどの工夫をするといいと思います。リビングなどはリラックスする場所なので、個室にワークスペースをつくる方が集中できます。
もしリビングで集中したい場合は、観葉植物を置いたり間仕切りを置いたりしてゾーニング(写真左)するといいでしょう。

いつもとは違う視野も効果的なので、少し高い場所などで作業するのもいいかもしれません。

テレワーク-寝室
これから書斎やワークスペースをつくるなら寝室もおすすめです。
寝室は寝る時以外使わないので、昼は仕事の場所、夜は寝る場所と時間で用途を使い分けることが可能です。

また、個室に長い時間こもるより場所を替えながら気分も変えて作業するほうが、疲れません。
複数個所で作業できるようにしておくと、より快適なテレワークが可能となります。

 

快適なワークスペースのための4箇条
1. 広さは2畳から3畳くらいの大きさで
2. デスク照明や専用の照明を設置する
3. 照明器具は色温度が変えられるものを選ぶ
4. 個室あるいは、寝室の脇などに設けると良い


集中を高めるコツは五感と時間の管理一人で仕事をしていると強制されることが少ないため、時間の管理が甘くなったり、オンとオフの切り替えがうまく行かなかったり。これは集中を妨げる大きな要因です。
集中を高めるには環境だけでなく自己管理が必要です。セルフマネジメントにはいくつかありますが、特に大切なのは「時間」と「五感」です。
脳が働く時間帯
通勤が伴う勤務ですと、開始時間や終了時間がある程度強制されます。しかし、在宅では自分自身で時間を決めなければなりません。
「時間を決める」ということもセルフマネジメントのひとつです。
例えば、朝礼や夕礼をおこなうなど敢えて強制する時間をつくる、デジタルデトックスなどPCやスマホから隔離する時間をつくるなどの方法があります。

集中イラスト
一般的に、深い集中に入るまでに必要な時間は、23分ほどと言われています。 つまり、30分の会議を設定した場合、深く集中できるのは、わずか7分ほどしかありません。
また、集中の持続には25分実行して5分休憩が効果的です。
次に、体内時計を整えてあげることも重要です。
翌日の集中力を上げるためには、寝る間際まで真昼と同じ光の照明を使用しない、などの工夫も必要です。
寝る前のスマホもよくありません。

このように、集中のために時間を意識することはとても大切です。


在宅勤務が主体の場合は、意識して体力づくりを行う日々の通勤が在宅勤務になった場合、1日の歩数はどうしても少なくなります。
在宅勤務が主体となる方は、意識して体力づくりを行うことが必要です。
デンマーク・コペンハーゲン大学の研究チームは、2016年に以下の研究報告を発表しています。
・2週間の運動不足で若者では28%、高齢者では23%、筋力が低下する
・失われた筋肉を取り戻すためには運動を行っても3倍以上の時間がかかる
・20代でも運動をしないと、体力は40~50代並みになることも珍しくないこのように、在宅勤務で運動をしないまま体力が失われると、取り戻すことは簡単ではありません。
オフィスでの勤務が復活した場合に、「通勤で疲れて仕事にならない」といった事態になっては大変です。積極的に運動を行い、体力維持に努めましょう。

テレワークリノベーションの施行例

リノベーション施工例

←室内窓に面して2つのデスクが並ぶワークスペースは、夫婦が同時に作業することもできます。
デスクは複数のモニターを置いてもスペースに余裕が。

→2LDK(67.20㎡)のマンションのリビングの玄関側を小部屋に仕立てて、ワークスペースに。
フリーランスで働く奥さまにとって自宅内のワークスペースは、かねてからの念願でした。

リノベーション施工例
リノベーション施工例

←3LDK(96.55㎡)のマンションを、「小学校のような家」というコンセプトのもとにリノベーション。このワークスペースは、「図工室」という位置づけだそうです。

→限られた空間のなかでワークスペースを確保するためには、デッドスペースやちょっとした隙間を利用する必要があります。特にマンションでは、空間の有効活用は切実な問題です。この例では、夜、リビングで夫婦の片方がくつろいでいるときに、もうひとりがワークスペースにこもったりして、交互に使っています。

リノベーション施工例

姫路市、たつの市、注文住宅、新築一戸建て、リノベーションのことならAD HOUSEへ

デザイン住宅から断熱リフォーム・リノベーション、オーダキッチンなどをご検討の方 は、高品質な自然素材の木の家をこだわりの設計からデザイン・施工・アフターサービスまでワンストップで提供するAD HOUSEにお任せください。
家づくりに関する疑問・質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

>

ご質問・見学会申込みなどお気軽にお問い合わせください

0120-63-4332
受付時間:9:00~17:30

〒 679-4129 兵庫県たつの市龍野町堂本241-1 [google map]
【定休日】:水曜


【施工対応エリア】
兵庫県、たつの市、相生市、赤穂市、赤穂郡、宍粟市、姫路市、高砂市、加古川市、
福崎町、神河町、太子町、佐用町、三木市、小野市、加西市、明石市、神戸市